ソルフェージュとは?

ソルフェージュとは?

 

ソルフェージュってなんですか?

これ、よく質問していただくこと多いです。

ソルフェージュという言葉の意味としては、楽譜を読み解く能力全般を指して使われるのですが、 実際、ソルフェージュってなんで必要なの?

と思われませんか?

ご自身の音楽を、楽器というツールを通して表現していくということは、つまるところ、ご自身の内側に流れる歌を表現するということになります

楽譜を読めるようになると・・?

んで、このご自身の歌の部分をより人様に伝わりやすく説得力のある表現にしていくために、ソルフェージュの訓練があるわけです。もう少し噛み砕くと、楽譜に書いてある情報やルールを的確に捉えて再現することができて初めて、自分の想いや表現をそこに無理なく乗せることができます

そういう意味では楽器の基礎練習と全く同じです

以前の記事にも書きましたが、本番で自分の歌に集中するために、ソルフェージュや楽器の基礎練習があるのです(^^)

ソルフェージュのトレーニング方法

では、ソルフェージュの要素とそれぞれのトレーニング方法はどんなことがあるのか、私なりに書いて行こうかと思います。

譜面を見る力

まずは、譜面を見て歌うことができる能力ですね

これに関しては、絶対音感がない方は音と音の跳躍の幅を正確に覚えていくのが近道となってきます。

二度、三度、四度、五度と正確な跳躍の幅を覚えていけると、わりと歌えるようになってきます。

リズム能力

そして、リズム能力です

これに関しては、数学の公式のようにパターンを覚えていくしかないと思っておりまして

出てくる音符の種類は限られていて、その組み合わせのまとまりがリズムになりますから、とにかく色んなパターンに慣れていくことが重要です

聴音といわれる能力

あとは、聞こえた音を楽譜に書き取る、いわゆる聴音といわれる能力です

これは、今までお伝えした能力の総合した力が必要な気がします

つまり、歌えてリズムが叩けなければ、聴音の能力を上達させるのは難しいのかなと

実際に楽譜をご自身の手で書くというのもとても勉強になるトレーニングだと思います

なので、上記の二つの能力がいわゆるインプット

そして、聴音で書き取ることがアウトプットとも言えるのかなあと

楽譜の書き方のルールとかはある程度インプットして覚えないといけないですけどねー

これらのスキルが、音楽や楽器を楽しむ上で、すごく重要なスキルになってきます。

この記事が気に入ったら
「いいね」をどうぞ!

LINE@
楽しいお知らせや、限定のメッセージを
いち早くタイムリーにお届けします。
また、ご登録特典もプレゼントしております

ぜひ、LINEで、受け取ってくださいね♪

↓公式LINE登録はこちら↓



この記事の作者
小学校5年から、トランペット演奏を始め、音楽大学を卒業後、トランペット奏者、レッスンプロとして、20年以上、活動しています。

私が大切にしていることは、音楽を通して、自分を表現できる喜びをサポートすることです。

レッスンは、最近、トランペットのオンライン・レッスンがメインになってきています。

WEBやネットを活用しながら、日本のどこにいても、世界のどこにいても、音楽のレッスンができる日々を楽しんでいます♪

また、トランペットばかりでなく、ピアノのオンラインレッスンも始めました。

私のレッスンでは、「楽器を演奏する技術」も大切ですが、「心から演奏したいと思えるマインド作り」も大切にしています。

twitter、youtube、insta でもメッセージをお届けしてます。
フォローしてね~♪
↓ ↓ ↓ ↓

コメントを残す

「コメント」と「お名前(ニックネーム)」は必須項目です。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)